Logistics center case

物流拠点での改善

大手ドラッグストア

坪効率: 158%向上
出荷処理能力: 187%向上
配送リードタイム: 3.05日短縮

ストックコントロールによる在庫最適化と配送リードタイムの短縮、オペレーション再設計による出荷処理能力の最大化、店舗在庫のEC共有化
大手通販会社

庫内業務費:28.7%削減
保管費: 49.2%削減

プロセスセンター構造改革案の策定・実行、店舗型セル方式導入による坪効率・生産性の向上、出荷分析による在庫低減案の策定・実行による保管スペース低減
大手GMS

庫内業務費: 26.3%削減
保管費: 23.4%削減

配送委託業者の値上げ交渉に情報武装して適切な対応が出来るよう配送実態を可視化すると共に、動態管理による店着予測時間を補足し、遅延時の先手対応を実現
医療品メーカー

庫内業務費: 34.2%削減
配送リードタイム: 1.78日短縮

ロジスティクスセンター設計とシステム構築によるロジスティクス基盤の確立、ストックコントロールによる坪効率向上、物流SLAの定義による配送リードタイムの短縮
大手携帯電話キャリア

庫内業務費:36.7%削減
固定費:29.2%削減

標準モデルセンター構築・全国センター統廃合(全国展開)による固定費の低減、業務支援システムの開発・導入とアウトソース実施によるコスト低減