搬送工程の自動化

Logiler Move Short Type
自律走行型(3D SLAM)
搬送ロボット

自律走行型(3D SLAM)搬送ロボット

Logiler Move

Short Type
Hardware by TOYOTA L&F
自律走行型(3D SLAM)搬送ロボットLogiler Move(Short Type)
庫内の障害物を検知して自動で搬送

庫内の障害物を検知して
自動で搬送

倉庫内は、人、カート、フォークリフト、棚、ボックス等であふれており、その状況も常に変化しています。自律走行型搬送ロボットは、様々な倉庫の風景を読取り、回避しながら目的位置まで移動できるため毎日の業務をスムーズにサポートします。
カゴ車を自動で切り離して元の位置に戻ります

カゴ車を自動で切り離して
元の位置に戻ります

LogilerMoveの搬送先を設定し、カゴ車を切り離す設定を入れることで積んだ荷物をカゴ車ごと移動し、元の位置まで自動で戻るので搬送先の作業工数を削減できます。
作業負担が大きかった重い荷物(Max500kg)を自動搬送

作業負担が大きかった
重い荷物(Max500kg)を自動搬送

高齢のスタッフや女性の登用の難しかった倉庫でも、LogilerMoveがあれば大丈夫。スタッフの作業負担軽減に力を発揮します。
Max500kgを自動搬送
タブレットでロボットを操作

タブレットでロボットを操作

ロボットを操作するのはタブレットで簡単。搬送経路はもちろん、ピッキングエリアの変更も可能です。同時に数台のコントロールもできるため入出荷の変更にも即効果を発揮します。アプリを通じて自動的にアップデートされるので、いつでも最新の機能をご利用いただけます。