Exhibition Guide出展案内

  1. プレスルーム
  2. 出展案内

出展案内

Neural Networking Logistics

国際物流総合展2018に出展しました

9月11日~14日、東京ビッグサイトにて開催されました「国際物流総合展2018」に出展いたしました。
SEAOSブースではAIを活用したソフトウェアを用いて、ロジスティクスのデジタル・イノベーションをいかにして起こしていくのかを、プレゼンテーション。AI、Robotics、WMS、TMS、バース予約システムTruckBerthについて発表しました。
TOYOTA L&F社ブースにおきましては、弊社と共同開発いたしました「自律走行型キーカート」のデモンストレーションを公開。
たくさんの方にご来場いただきました。ありがとうございました。

国際物流総合展2018のSEAOSブースの様子

出展プロダクト

SEAOS Robotics Logiler

今ある倉庫のままで人と協業するロボットを。SEAOS Robotics Logiler

SEAOSが開発するロボット・コンピューター「Logiler(ロジラ―)」は、ROS (Robot Operating System)ベースでハードウェアに依存しない、ロボットの「頭脳」です。
今回の国際物流総合展では、TOYOTA L&F様のAGV 「キーカート」というハードウェアに、シーオスが開発したソフトウェアを搭載する形でガイドレス誘導が可能になった「SLAM式キーカート」を一般公開いたしました。
SLAM式キーカート 倉庫内のレイアウトを自らマッピングし、3D SLAMを用いて空間を立体的に認識して自律走行する搬送ロボットです。人が指示した場所までLogiler自身が状況を判断し、最適なルートを選択して目的の場所まで向かいます。
AIを活用し、今ある倉庫のままで(レトロフィット)、豊富なオプションによって現場に合わせたマス・カスタマイゼーションを可能にするというコンセプトで、様々なロジスティクスの現場でお使いいただけます。


SEAOSは、ロジスティクスにおける省人化に必要なすべてのロボットを「Logiler」で動かすことを目指しています。

Logiler+AI

状況がめまぐるしく変化する倉庫内での自律走行を実現させるため、自律走行型キーカートではAI技術を用いた制御が行われています。
ステレオカメラで取得した情報をもとに、自己位置推定・障害物検知・牽引物の状態認識を行った上で、最適なルート選択するという一連のプロセスにAI技術を用いています。

SEAOS WMS

あらゆる現場に対応し、高度な連携・拡張。SEAOS WMS(SaaS型倉庫管理システム)

倉庫管理システム(WMS)に対するニーズは倉庫によってさまざまです。SEAOSのWMSはありとあらゆる業種と関わってきた中で培った3PLでの現場ノウハウが活かされています。衣類・食品・薬品・化粧品・通信端末など多様な現場で求められる機能を標準搭載。自社の業務に合わせてオプション機能の追加も可能。それぞれの業務特性にあった最適な流れを作ります。

  • リーズナブル&スピーディーに導入
    クラウド&スマートフォンで動作。サーバーや専用機器(ハンディーターミナル等)の初期投資が不要。
  • 保守費用不要の完全従量制
    月々の利用料金は利用した分だけ、閑散期はコストも最小限。

複数拠点・複数荷主のデータをクラウドで一元管理。出荷頻度から最適な在庫配置を算出、ピッキング導線を短縮します。
SEAOSは、RobotやTMSなどフルラインでシステムを提供しています。
それぞれのシステムの相互連携により、さらに業務効率を向上していくことができます。Robotによる省人化といったオプションも含め、WMSの機能をさらに強化することが可能です。

ロジスティクス大賞受賞
ロジスティクス大賞の受賞で裏付けられる、技術とノウハウ
SEAOSは、公益社団法人 日本ロジスティクスシステム協会が主催する「ロジスティクス大賞」を2度受賞。
また、SEAOSのWMSとTMSは大塚倉庫様の「ID倉庫」「ID運輸」で高い評価を得て、「ID運輸」が2015年ロジスティクス大賞を受賞しています。
SEAOS TMS

配車マンの勘と経験を学習。SEAOS TMS(輸配送管理システム)

車両リソースが慢性的に不足し、車両の有効活用が必要不可欠な時代になってきています。SEAOS TMSは、日々の配送結果データの傾向からAIが最適な配車組みを短時間で行い、配車業務の高度化をお手伝いします。
現在多くのTMSに自動配車の機能があります。しかし、実際には設定に落としきれない条件も多くあり、最終的には配車マンが修正する必要があるケースが多く見られます。
SEAOSの自動配車は、その設定しきれない条件に注目。過去の配車結果や日々の配車データから、設定・メンテナンスで組みきれない情報をAIの機械学習によって補完。短時間で、現場の納得感のある配車組みを作成します。従来のTMSにはない、高品質な配車組みが実現します。


また、SEAOSではWMSやTruckBerthなどフルラインでシステムを提供しています。
TruckBerthによるバース積降予約と連携することで、さらに業務効率を向上していくことも可能です。

ロジスティクス大賞を受賞した改善事例

配車時間9分の1・回転率1.4倍でトラック・運転手不足を回避。
増車なしで当日配送を可能に

受注日の翌日午前中の納品に対応させるため、午前9:00台に全トラックの53%が集中、トラック・運転手不足を招いていました。
SEAOS TMSの導入で3時間かかっていた配車管理を20分に短縮、トラック回転率を1.2から1.7に改善。翌日配送の半分を当日配送に前倒し可能になりました。この配車管理の仕組みにより、取扱量も増やすことにつながりました。

ロジスティクス大賞受賞
SEAOS TMS

トラックバース混雑解消の切り札。バース積降予約システムSEAOS TruckBerth

国土交通省の実態調査によると、1運行当たりのトラック待機時間は平均1時間45分。2時間以上の待機が全体の3割近くに上っています。
TruckBerthは、倉庫での積み降ろし作業を予約し、配送会社(車両)と倉庫会社(現場)を繋ぐサービスです。
TruckBerth導入後の平均待機時間は、ある企業では1/10以下に削減しています。
待ち時間を解消するだけではありません。倉庫会社はこれまで、待っているトラックの荷降しをさばくためにステージングエリアへの仮置きが発生したり、いつどのトラックが来るかわからないことによる非効率なオペレーションになっていました。
事前にどのトラックがいつ来るか、また荷物の量や種類がわかることで、バースでの荷積・荷降作業の計画立案ができるため、スムーズな積降作業を実現します。
オプションによる機能拡張では、GPSによる自動到着や、ビーコンによる発着自動化などのIoTオプションも備えています。


TruckBerthは税制優遇が受けられる物流総合効率化法(物効法)適用要件の一つとして認定されています。

グリーン物流経済産業大臣賞
グリーン物流優良事業者、経済産業大臣表彰を受賞
SEAOS TruckBerthは長時間労働の温床となるトラック待機時間を減少・生産性を向上するとともにCO2排出を削減する事が評価され、2017年グリーン物流優良事業者表彰で経済産業大臣表彰を受賞しました。

SEAOSの強み

ロジスティクスに関するコンサルティング、テクノロジー、業務アウトソーシングを
三位一体で提供できるのが当社の強みです。

コンサルティング、テクノロジー、業務アウトソーシングを三位一体で提供

導入のご相談、ロジスティクス診断。システム改修のご相談。
お客様それぞれの物流改革/コスト削減をサポート致します。
是非ご相談ください。