Product プロダクト

  1. プロダクト
  2. 搬送工程自動化—ピッキングロボット

開発コンセプト

すべてをロボットに置き換えてしまうよりも、人がやらなくて良い作業をロボットに任せる「協働型」という考え方から生まれたピッキング支援ロボットLogilerは既存WMSと連携し倉庫内の搬送工程を効率化します。

「人には人の得意な作業があり」、「ロボットにはロボットの向いている作業がある」

例えば、ロジスティクスの現場のピッキング作業では、広い倉庫内を動きまわり商品を棚から回収してくピッキング作業。
モノを運ぶというシンプルな作業はロボットがおこない、その分人はピッキング作業に集中することで多くの作業がおこなえたり、また時間の短縮につながる。それが協働型ロボットによるピッキング支援がLogilerのコンセプトです。 全自動ではなく機能を限定。汎用品を使用することにより低価格を実現しました。機能は後から加えられるよう拡張性を持たせることで、さまざまな現場での活用が可能です。
作業者との連携をSEAOSのアルゴリズム&ソフトウェア技術により状況に応じた動作を実現します。

また、完全自動化させないメリットはほかにもあります。繁盛期にもしロボットが停止してしまうような状況があったらどうでしょうか。
完全自動化することは、いざというときにすべての作業が止まってしまうことを意味しますが、協働型の倉庫では従来通りに人間が取りに行く作業に戻すだけで、現場の作業を止めることなく業務継続できます。

ロジスティクスの自動化の背景

これまで倉庫の搬送工程を自動化したいというニーズはありましたが、棚配置のレイアウト変更や、ロボットなどを導くためのガイドやレールなど大がかりな準備作業が必要でした。ガイドなしで自走するロボットも輸入を中心に市販されていますが非常に高価であるということなど、いずれも気軽に試せる状況でないのが現状です。またこれらは現場の実態を踏まえていないものが多く、日本の倉庫への導入は難しいと言わざるを得ません。 そこでSEAOSでは以下のようなコンセプトに基づいたロボットを開発し、自社の倉庫で効果を検証してきました。

「人が指示することなく、自動運転で動く」
「ロボットのために倉庫のレイアウトを変えなくて良い」

3Dカメラやセンサーにより自己位置を自分で認識させ、倉庫内の地図を自動作成させることにより(ガイドやマーカーなど)設備導入が不要としました。

「低価格による導入のしやすさと、環境に応じた拡張性」

汎用品を利用することで低価格を実現しました。またオプションの組み合わせで、AGV化させたりアームなどをつけてピッキングも自動化するなどの拡張性を持たせています。

「既存WMSとの連携」

既存WMSと連携させることで、状況に応じた適切な作業をロボットや作業者へ指示することに成功しました。

自社での検証の様子(協働型ロボットによるピッキング支援)

システムについて

SEAOSでは複数のロボットを制御するRMC(Robot Master Controller)というサーバーアプリケーションを開発。既存のWMSと情報連携し適切なタイミングで指示を出します。
WMSとの連携やロボットの効率化に、自社で物流業務のアウトソースを請け負い、ロジスティクスに求められる技術を熟知しているSEAOSのノウハウが生きています。

従来の倉庫の現場では大規模な投資を行うか、完全な人手でやるというどちらかしかありませんでした。
Logilerのように気軽に使えるロボットを現場に導入し、低コストで効果を得たいという要望に応えます。

協働型ロボットLogilerの稼働現場をご覧いただけます。

12/1
OPEN

先端技術ロジスティクス見学SEAOS ○○○○○○○○

場所:神奈川県川崎市川崎区東扇島6-11かわさきファズ B棟4F
恵比寿SEAOS本社もしくは、川崎駅西口より送迎。

SEAOSでは協働型ロボットLogilerが倉庫で動いている様子や、ロジスティクスの先端技術を実際に無料でご覧いただけるよう倉庫現場の一部をオープンにしております。
導入イメージをご覧になりたい方や、Logilerにご興味のある方、ロジスティクスの業務効率化をご検討されている方など、最新技術のソリューションや技術についてご説明させていただきます。
下記フォームより必要事項を入力してください。内容を確認後、担当者よりご連絡いたします。

注意事項についてご一読ください。 ※見学は法人のお客様に限らせていただきます。