Pressroomプレスルーム

  1. プレスルーム
  2. SharetterのiOS対応版を公開しました

お知らせ

SharetterのiOS対応版を公開しました

2017-06-14

シーオス株式会社(本社・東京都渋谷区、代表・松島聡)は、共通の趣味でつながる体験共有SNS「Sharetter」アプリ(URL: https://sharetter.com/)をiOS(iPhone/iPad)に対応し、2017年6月14日(水)よりリリースいたします。Sharetterは、イベントの募集やそれに使用する道具のシェアリングを行うアプリです。ユーザーはホスト(主催者)とゲスト(参加者)どちらの立場でも参加でき、自分の趣味趣向に近い人と様々なイベントに参加し、その体験を共有することができます。

【アプリ概要】
これまで個人・小規模のイベント情報(発表会・練習会・会員募集など)は、地域誌や個別のブログなど複数の媒体に分散されているため、ユーザーは個別に情報収集する必要がありました。Sharetterではさまざまなイベントがアプリに集約され、タイムラインをチェックするだけでイベント情報を入手できます。2017年5月からAndroid版を配信していましたが、ホスト・ゲストからの要望に応え、6月14日よりiOS版の配信を開始します。

【公開中イベントのレポート】
Sharetterのホストによるイベント開催レポートが、Lumina Webマガジンに掲載されています。
https://lumina-magazine.com/archives/news/2089

【従来のイベント募集アプリやSNSの問題点】
Sharetterの企画にあたり、既存のイベント参加者・主催者やSNSのユーザーに聞き取りを行ったところ次のような不満があることがわかりました。
・速い人が多くレベルが合わなかった(ランニングツアー参加者)
・アカペラの練習仲間を募りたいが、どんな人が来るか不安(女性ユーザー)
・参加者のケガが心配(サイクリングガイド主催者)
・SNSで参加者管理をしているが、宿泊ツーリングなど現金の用意が大変(オートバイクラブ幹事)
・オフの話に突然オン(仕事)の話題が流れてくる(SNSユーザー)
・東京のイベントの情報が多く、気になっても参加しづらい(地方在住者)

【Sharetterの特徴】
ユーザーの声を活かし、自分に最適なイベントを楽しめるようにサービス設計を行いました。
・SNSやチャット機能でホスト(主催者)とゲスト(参加者)の人柄やイベントの雰囲気がわかる
・ホストが承認したゲストだけがイベントに参加できる募集機能
・500円から付けられる「安心パック」でケガや機材の破損・盗難をカバー(死亡保険金300万円、個人賠償責任1億円など)
・アプリ上でカード決済に対応。申込キャンセル発生時は課金も自動キャンセル
・趣味に特化したシンプルでわかりやすいUI
・地方協力者の確保

【公開時期】
現在は事前登録済みのホストが主催するイベントに参加できますが、2017年夏に一般ユーザーがホストになれるアップデートを予定しています。

【対応機種】
対応機種   Androidスマートフォン・タブレット
       iOSスマートフォン・タブレット(iPhone/iPad)
ダウンロード https://sharetter.com/

【今後の展開】
スタート時はシーオスが手掛ける雑誌「Triathlon LUMINA」の読者やスポーツイベント・スクールの利用者にアプローチし、アクティブなライフスタイルのユーザーを獲得。その後に音楽、料理、カメラなど様々な趣味へターゲットを広げていく予定です。将来的にはインバウンド利用とグローバル展開を視野に入れた多言語化やビットコイン対応も計画しています。

【本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先】
シーオス株式会社 広報プロモーション 児玉
電話:03-5791-1172
問い合わせフォーム:http://www.seaos.co.jp/ask.html

【一般のお客様からのお問い合わせ先】
Sharetter TOPページの「お問い合わせ」からお問い合わせください。
https://sharetter.com/